吹き出物の種類と、その原因について

吹き出物の種類と、その原因について

吹き出物の種類

吹き出物は、その色で状態が分かると言われています。例えば、白っぽいニキビは老廃物や皮脂が毛穴に詰まっている状態を意味します。このような状態でも、皮膚の内側にあるメラニンが表出することで黒っぽく見えることもあります。しかし、白色や黒色の吹き出物は症状としては比較的軽く、完治も難しくない場合が多いです。

しかし、吹き出物が悪化してしまい、炎症を起こすと、赤色に変化します。このような吹き出物は目立ちやすいので周囲からも気になる存在へと変わります。また、白色や黒色の吹き出物よりも治りにくいため、完治するまでに多くの手間を必要とするのです。

さらに、このような状態の吹き出物を放置することによって、膿が溜まって黄色く見えたり、炎症が続くことが原因による色素沈着や内出血などが影響して紫色に見える吹き出物に変わります。こちらは完治が難しいだけでなく、その後一生残る跡になってしまうことがあるので注意が必要です。

吹き出物は、その色によって進行具合のバロメーターになることがあります。出来るだけ初期段階で吹き出物をケアすることによって、美しい肌を一生守ることにつながるのです。白色や黒色の吹き出物の段階で対処しておきましょう。